ミクロの世界

ミクロとは非常にごく小さいものやことを指す言葉で、別称マイクロと呼ばれます。元はギリシャ語が由来の言葉ですが、多くの言語で使われています。ものの大きさを測る単位にマイクロメートルという単位があります。1マイクロメートルが表す大きさは0.001ミリメートルです。

英語では、顕微鏡のことをマイクロスコープと呼びます。顕微鏡はもともと16世紀終盤にオランダで開発されたものでした。しかし、この時に学術的な観察が行われた記録は残っていません。顕微鏡が学術的価値を持ったのは1670年代以降と言われ、300倍程度拡大できる顕微鏡も制作されました。

現在では3Dスキャナを搭載した顕微鏡も登場しています。3Dスキャナは、日本語に訳すと測域センサといいます。3Dスキャナは物体の3次元データを読み込むことで、立体情報をデー化するものを言います。

3Dスキャナで読み込んだ3次元データを、実際に物質化するために使うプリンターを3Dプリンターと言います。3Dプリンターは現在では市販もされており、家庭でも簡単に購入することが出来ます。実際に3Dプリンターを使って、ものを作ることを3Dプリンティングと言います。現在では、3Dプリンティング技術はフィギュア製作などのビジネス分野で利用されています。

おすすめサイト

マイクロスコープや顕微鏡のことなら|株式会社キーエンス
デジカメで顕微鏡撮影といえば:マイクロネット株式会社
用途に合わせたモバイルプリンターの比較|人気プリンター比較NAVI

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし